「真似るは学ぶ」指導者インタビュー No.5

近代5種は 選手が考える力を持ち

チームとして機能しなければ世界では勝てない

 

日本近代五種協会 理事 清水康さんに 千葉県でインタビューをさせていただき その後、海上自衛隊内の体育施設他を見学させてもらいました。

近代五種とは フェンシング、水泳、馬術、ランニング、射撃の5種類を指し、それを1人の選手が1日で全てやる競技なのです。2012年より射撃がレーザー銃に変わりましたが それ以前は実弾を使用していました。

その為、銃刀法の兼ね合いもあり日本では、選手が自衛隊員か警察官に限定され、なかなか普及する事ができなかったのですが、世界的には、別名「キングオブスポーツ」ヨーロッパでは「スポーツの華」と言われる超人気スポーツなのです。

IMG_0571

清水さんは 日本近代五種の理事を務めるとともに 海上自衛隊第3術科学校の教官をマネジメントする役職にいます。

今でこそ 教官をマネジメントする立場ですが 入隊した頃は 那須の山育ちである事もあり 泳ぎは苦手。50mプールを見た時は、はるか先の向う岸に向かって泳ぐような絶望的な気持ちになったそうです

 

海上自衛隊では 全く泳げない人を「赤帽」と言い、プールで沈んでいても解るように文字通り赤い帽子を被らさせるのだと、笑いながら話してくれました。

50m級のプールは、なかなか無いので体育学校のプールには強豪大学の水泳選手も練習に来ていたそうですが あまりに泳ぎが遅いので 大学生にクールダウンは端でやってくださいと言われショックでした。

P1040761

実は このプールが指導方法に気がつき始めた原点だったと清水さんは語ります。

当時、体育学校の訓練(トレーニング)でプールに行くと 「とにかく泳げ」と言われる毎日。

清水さんのように泳げない人に対しても 「さぁ 泳げ、何やっているんだ 頑張れ!」と声が飛ぶ。

そう言われると、言われるほどに 体が固まり沈んでいく。そんな毎日でした。 

それでも 必死に努力して近代5種の選手として水泳の実力も 満点が100%とすると90%はできるようになり、他の競技で挽回することで ナショナル選手になる事ができました。

それでも あの時、「何やっているんだ!」 ではなく 他の声かけであれば、、、、。

「頑張れ!」はなくて、「どうすれば体が浮くのか」を教えてくれていたら、、と今でもそう思うのです。

今、自衛隊に入隊する若者は運動経験が少ない人が多い。

その中で海上自衛隊員としての必要な体力・技術を習得していくには、指導者は指示だけではなく、「モチベーションをあげる言葉がけ」、「潜在能力を引き出す為の知識」を持っておくべきだと思っています。

上司、コーチとしての上からの命令だけでは うまく行かない。自分の体験でもそう思う。

指導者の意図が相手に伝わらないのはなぜか?

そこで清水さんは、放送大学で 教育心理学を学んだんです。これまで実地で「教える技術」は解ったけれど、それ以前に知っておかなければいけない事がある。そう思ったからです。

今回 研修に参加して、まさに今 自分達に足りないものはこれだと気づかされました。海上自衛隊には 近代五種を含め体育的技術を指導するノウハウは沢山あるけれども「自分で考えさせる指導法」「目標を自身で自覚して行動させる指導法」を加えていく事がよりベターで必要だと思います。

近代五種は、タイムスポーツ。

1日に5種目、競技ごとに自分で意識を切り替えたり、アクシデントが起きた時 自身で判断して対応できるようにならなければ、判断の遅れがそのまま各競技に数秒の遅れを作り出し、ロシア、ハンガリー、中国、韓国には勝てないんです。

そして、もう一つ世界に勝つ為には 選手個人の力だけではダメなんです。1日に5競技を1人でやっていくと、途中経過としての自分の順位、タイム差、相手の心理等がわからなくなります。

また、競技の移動等 環境をデザインしていく事にも、コーチ、スタッフの協力が必要になるのです。

コーチ、スタッフ、チームとして信頼関係を強くしていかないければやはり、世界には立ち向かえません。

清水さんは 世界に勝つ為には「選手自身の考える力」と「チームとの信頼関係」が必要である事を熱く語ってくれました。

IMG_0572

最後に 「指導者とは?」 という問いに対して

一番は 指導者は選手の延長ではない。

選手時代の経験は大事だが、それを理論化して 整理整頓し、自分の指導者としてのビジョンを持つ事が必要である事。

選手は自分と同じではないことを理解した上で、「この選手には何が必要なのかを理解する事」、「選手が何をしたいのか察する事ができる事」、何より、「選手自身が自分の目標を話す事ができるように指導する技術」を習得する事が大事だと思います。 

そして

できれば 近代五種協会 や 海上自衛隊内で 今回のスポーツコミュニケーションBASIC 1 研修のような話(情報)を広げていきたいと思います。

とそう話してくれました。

日本スポーツコーチング協会は 清水さんと 近代五種協会をこれからもサポートしていきます。

これからの 清水康さんの活躍と近代五種がますます人気が出ることを期待しています。

/インタビュー:詫摩浩一  カメラ:詫摩世都子

54259<お知らせ>

第58回近代五種全日本選手権大会の開催について

2018年10月30日(水)~11月2日(金)に、

第58回近代五種全日本選手権大会が開催されます。

東京オリンピック出場のためのナショナルチーム選考対象大会であり熱い戦いが繰り広げられます。

会場は、

水泳・フェンシング:武蔵野の森総合スポーツプラザ

レーザーラン:味の素スタジアム西競技場

馬術:東関東ホースプロジェクト

です。

入場は無料です。

<近代五種ルール>簡略バージョン

フェンシング、水泳、馬術の合計得点を 秒換算して コンバインド(ランニング+射撃)上位選手からタイム差でスタート、射撃とランニング(800m)を交互に4回 マトはそれぞれ5回命中させることが必要で 命中しなければ次に進めない(50秒でリスタート)ゴールした順番が最終順位となります

コーチにコーチがついたら

コーチ of    コーチ

10/7、8 札幌で行われた サマーバイアスロンユース全日本選手権大会を見に行って来ました

 

そこで素晴らしいコーチとの出会いがありました。

バイアスロン 向井コーチ

IMG_0559

多くは話しませんが 選手にプレッシャーをかけず 練習通りにやれば大丈夫だと言って選手を送り出します。

結果を出した選手がコーチの元に帰って来たときの「くしゃくしゃの笑顔」が コーチとの信頼関係・親密関係を物語っていました。

選手は若く まだ知識や経験が足りません。

 

その選手に、向井コーチのこれまでの経験・知識が選手に送り込まれて行きます。

 

日本スポーツコーチング協会の「スポーツコミュニケーション アドバイザー&コーチ」とはこういう素晴らしい スポーツの指導者をバックアップしていく存在だと位置付けています。

私たちには スポーツ技術の知識はありません。

しかし 素晴らしいスポーツコーチが持っている「知識・経験」をいかに活かしていくかをバックアップしていくコミュニケーションのプロフェッショナルです。

スポーツコーチの「引き出し」の中にある経験と知識をコミュニケーションを通じ、整理整頓して行く、また 新しい情報・事例が必要であれば提供して「引き出し」を増やていくのが「コーチ of   コーチ」

スポーツの指導者の力を 100%  発揮してもらい 目標達成の確率を高める影響者

これがコミュニケーションアドバイザー&コーチの役割です。

これから 多くの素晴らしいコーチ(指導者)をバックアップして行きたいと改めて感じた大会になりました。

コーチに コーチがついたら どんなことが起こるでしょうか?

これからのスポーツ界が 大きく変わることになると思います。

 

 

※今回 スポーツコミュニケーションBASIC 1 に参加され、バイアスロンの大会、向井コーチ そのほかの皆さんを紹介してくれた 石岡勝宏さんに感謝いたします。

「真似るは学ぶ」指導者インタビュー  NO.4

コーチの長所を伸ばしてチームを引き上げていこうと思う

組織で戦わないと、選手個人の才能に頼っていると世界では勝てない!

スキークロスカントリー日本代表ヘッドコーチ 蛯沢克仁さんに 越後湯沢にてインタビューをしてきました。

蛯沢さん曰く、実は義務研修はとにかく単位を取らなければと言う思いで行ったんです。ただし どうせ行くのならば面白そうな研修を・・ そう思って選んだんですよ。

S__1982469失礼な言い方ですけど、行ってみたら結果的に面白かった。僕はこういうの才能があって、よく当たるんです。とニコニコ笑いながら話してくれました。

今は 北京の大会を目指しています。北京で選手が入賞ラインに入ると言うのが目標ですね。世界で勝ち抜くためには スタッフもプロ化、そして選手もある意味プロ化して行きたいんです。

コーチが育つ環境を作り、同時に選手も強くするW(ダブリュ)目標ですね。これを達成する為にクロスカントリーのトップに入りました。

ヘッドコーチは運営管理を含めて全体をマネジメントするのが仕事。その中でコーチ陣を育てる事は大変重要な仕事だと考えています。

現役時代に実績のある人が名コーチになっている場合があるけれど、おそらく 其の人は選手をやってなくてもそれが出来た人だと思っているんです。 実績=優秀なコーチではない。 それは別世界のもので、決して延長線上にあるものではではありません。

それぞれのコーチの長所を伸ばす事で、チーム力を引き上げようとしているんです。

組織で戦わないと、個人の才能だけに頼っているのでは世界で勝てない。 個人の力だけを考えると その選手は伸びるとは思うけれど、その選手だけになってしまって クロスカントリー全体としては成り立たなくなってしまうと思うんです。クロスカントリーとしての土台を作りたい。蛯沢さんはそう語ります。

S__1982468今、必要なのはコミュニケーション。 だから選手の状態について、だいたい理解していてもあえて、選手に聞くようにしています。「現状どう?」 という具合に。

コミュニケーションが悪いと 合宿をやっていても、練習の意図が伝わらず、「わからない」と感じる選手や、「疑問」を持った選手がいた場合でも、選手はその事コーチに言い出せず、我慢させる事になる可能性も出てきます。

育成というのは、足し算ではない。やるべき事をやっていても、そこに掛け算、割り算が起こる事もある。 そこを見抜いて把握する力がコーチには必要だと考えています。

例えば 長距離の選手を育成している中、短距離に才能を発揮できる選手が出てきたらその人を短距離の選手として伸ばすべきですよね? 臨機応変に対応する事が大事なんです。

コーチも選手も、目的は一緒。自分のやりたい事・自由度を尊重するけれど、チームの中で基準を作る事も今後、必要になってきますね。

今、コーチ陣の中には、スキーをやってきた人だけでなく 少し離れていた人も集めています。競技者からコーチになった方と意見が別れる事もあるけれど、第三者的な全く違う視点があるという利点があるんです。

今回 スポーツコミュニケーション研修に参加して気がついた事は、体育会的な考え方だけでなく、コミュニケーション力という能力を取り入れる事で、コーチ陣のスキルを上げる事が重要だということです。

これは、今のスポーツ界に一番足りない部分です。選手として頑張ってきた分、選手としての意識が表に出てしまうんですよ。 選手を育成していく為にはマネジメントする能力が必要になりますね。

自分の経験だけで進むと、選手とは「時代」も「歳」も「性別」も違う選手もいますから上手くいかない事が多いんです。

自分はヘッドコーチだけど 選手にあえて言わない事もあるんですよ。 他のコーチから違う事を言われると間に入った選手が困ることもあると思うから。

トップダウンと言う言葉はあるけれど、自分の中では基本的には円卓なんです。だから、理想のチームというのは「横から見たらピラミッド型、上から見たら丸いな」というイメージ。

研修で学んだ内容は、コーチ陣とその利用方法を話し合う事で コーチ陣とコミュニケーションが取れる。 そういうツールとしても使える気がします。

今回の研修は、実は単位を取るために行ったら 結果的に面白かった。 それは、僕たちが解っているようで見失っていた部分だったからです。 僕は、技術のスキルは後付けでいいと思っているんです。

技術は、選手の才能で達成速度は違うので、コーチにはそれを早める為のスキルを身につけたほうがいいと言っています。 それは人間力的なものだと思うんです。 そのレベルを上げていきたいと思います。 ナショナルチームレベルは さらに付加価値をつけるかの能力 吸収、盗む コミュニケーション能力 が大事だと考えています。

長野、ソルトレークシティ、トリノと3大会連続出場している蛯沢さんはオリンピアになるための要素についてこう語っています。

肉体的には スピード、スピード持久。 精神的にタフちょっとやそっとでは負けない けど素直な人。 自己主張は強いけど 素直(聞き入れる)で臨機応変な人。 そういう人が 勝負の現場では勝てるのだと思うんですよね。

勝負は負ける事の方が多いので、そこから何をどう吸収する事ができるか、長所は活かしつつ、短所をなくしていく、周りからうまく吸収し、真似て自分らしい表現ができる器用さが必要ですね。

S__1982471最後に、指導者はどうあるべきだと思うのかを聞いてみました。

指導者は兼虚であってほしい。コーチとして常に弊害がないか疑ってほしい(弊害のアンテナ) そうする事で選手がもっとオープンになると思います。若いコーチの方がその部分については柔軟さを持っていますね。

蛯沢さんは ヘッドコーチとして コーチの環境、選手の環境に目を配り、結果を出しながら、オリンピック北京大会に向けて、今後のクロスカントリーの土台作ろうとしています。

日本スポーツコーチング協会も 蛯沢ヘッドコーチに協力をしていきます。

蛯沢ヘッドコーチ、クロスカントリースキーチームの活躍を心から期待しています。

 

インタビュー:詫摩浩一  カメラ:詫摩世都子

 

 

「真似るは学ぶ」指導者インタビュー NO.3

選手が考える力を持てば コーチはいらない 究極の理想

都立高校女子テニス部コーチ 大津のぶあきさんに 午前中の練習を見せてもらい昼食後インタビューをさせてもらいました。インタビューには 女子テニス部顧問の佐藤先生、3年生部員4人が参加してくれました。

11時から12時半まで見学させてもらいましたが 立っているだけで汗だく。テニス部の皆さんに「暑さは大丈夫ですか?」と気を遣わせてしまいました(笑) こんな時は着替えが必要ですね💦

大津コーチがリスペクトしているのは 亜細亜大学 テニス部 堀内監督。視点が多く、選手に考えさせるのが特徴。サーブの教え方、練習スケジュールを立てさせる等真似をしていることが多いそうです。

生徒の皆さんも堀内監督を知っているようで その指導方法について 実際にサーブを打たせ お互いにフィードバックさせたり、実際のコートの幅や長さを確認する等 練習の理由や意味、根拠を示してから練習に入るので理解が深まったと言っていました。

選手が思っているよりもテニスコートの幅は狭いらしい。P1040709

大津コーチも 選手がいろんな視点から見れるように、個人により視覚・聴覚 など優位感覚 を理解した上 個人により教え方を変えているそうです。

 

 

3年生の皆さんは 大津コーチの指導法とそれぞれの中学校の部活とのギャップについて こんな風に話してくれました。

P1040736🎾中学では「怒られる」「否定される」が多くて、指導というより常に怒られている感じが強かったけれど、大津コーチは自分が理解しやすい方法で説明してくれるので成長が出来た実感があります。

🎾練習で出来ない事があった時、大津コーチに相談しに行くと同じ事を違う方法で教えてくれる事が嬉しかった。 中学の先生はテニス未経験で技術は教えてくれませんでした

3年生の皆さんも 他の学校と違うところとして「自分たちで考える事」として、「練習メニューの決定」「ミス・上手くいった事の分析」「動画を撮ってお互いにフィードバック」しあっている事をあげてくれました

🎾私は言葉で説明されるより、感覚でやるのが得意なので 私に合わせて実際に打って見せてくれるので腑に落ちます。 中学の練習は怖いだけ 理屈がわかるようなったのは高校に入ってからです。

🎾中学の時の顧問の先生は「部活を頑張る」という感じで怖いが優先。大津コーチになってから技術について考えるようになりました。

この他に 視野を広げてもらった、ネガティブ→ポジティブへの切り替え、ミスを繰り返さないようにメンタルを切り替えてもらったという話をしてくれました。

大津コーチは コーチングのスキルを学んでいて

練習中にミスが続いて落ち込む選手には「もっといいとこあったよね?」 といって気づかせてあげる できている事がたくさんあるという事に意識を動かす等 問いかけて考えさせる事を意識しているそうです。

これは、コートチェンジの1分間でもできると思う 大津コーチは語ります。

指導して4年が経ちうまくいった事としては お互いにコーチングができるようになってきていることですね。

P1040735

練習メニューについては顧問の佐藤先生に説明するのですが、最初の頃はツッコミどころ満載でズタズタでしたと笑って話してくれました。

今では、ダブルスのペアでお互いに戦術や体調などを確認するような 質問もできるようになったそうです。

大津コーチは、練習メニューも慣れてくると雑になると3年生が話してくれた事を受け、今後タイミングをはかり部員同士で言いたい事を本音で話し合う時間を作って行きたい。    仲間同士だから言える「場」を作って行きたいと話してくれました。

顧問の佐藤先生に、大津コーチが来て変わった事を聞いて見ました。

佐藤先生が関わっていない頃のテニス部は、サークルテニスという感じで 練習も「飽きたら交代ね」 みたいな状況だったそうです。 そんな中、ある生徒から「試合で勝ちたい」と言われたのがきっかけになり、自分自身もテニスをやっていた事もあり、顧問を引き受けたそうです。 外部コーチを呼ぶのは 生徒の本気度を確認できた後のなるのですが、大津コーP1040726チがきてから、生徒の向上心ははるかに上がったと感じました。 特に生徒が主体的に考え始めた時から大きな成長を感じました。

そして 外部コーチとの連携がうまくいった要因として「顧問の仕事」「コーチの仕事」の役割分担をお互いに尊重した事だ教えてくれました。

 

最後にスポーツ指導者の方に伝えたいことは?という問いに対して

大津コーチは、選手に「主体的に考えさせる」為には 我慢が必要だと言う事。 言ってやらせた方が楽で早い でも、それでは選手は成長はしない。

選手の潜在能力を引き出す方法は 問いかけです「問いかけましょう」と話してくれました。

このことは、これからの研修にも取り入れて 指導者の皆さんにお話をしていこうと思います。

佐藤先生、大津コーチ、テニス部の皆さんのこれからの活躍を期待しています

インタビュー:詫摩浩一

プチ チャレンジ  in 網走

 

9月30日に 北海道網走で行われる「網走マラソン」に参加します🏃‍♀️

エントリーは 5km 😄

これは 僕の プチ チャレンジ なんです。

 

自分を信じる力を上げたい時

小さな成功体験を積み重ねる とか 言いませんか?

でもね

 

「成功体験」っていうのが プレッシャーなんですよね💦

なんか「成功しなくてはならない」「Must」という感じがあるから

そこで プチ チャレンジ

空気が美味しそうな 北海度は網走で

距離は 5km        これは走れる   これはできる‼️

 

ほんの少しの「勇気」と 「決断」を持って 「実行」する  これが プチ チャレンジです

 

何でもいいんです

みなさんも「プチチャレンジ」してください

 

自身に対する自分が抱くイメージ(セルフイメージ)が向上するはずですよ

レッツ チャレンジ❗️

 

 

http://www.abashiri-marathon.jp/feature/

 

 

 

「真似るは学ぶ」指導者インタビュー NO.2

ラグビー普及育成が生涯のミッション!

そして大人から子供までラクビーできる環境を作りたい! 

が 私の夢

あきる野ラグビースクール校長 清水佳忠さんに 東京駅大丸にてインタビューをさせていただきました。 

ラグビーとの出会いは、友達が受験する高校に付き合いで一緒に見にいった時、ラグビー部の監督の目に留まりスカウト、教官室でケーキを食べさせてもらい(笑)

翌日以降、毎日監督からのラブコールに折れ、自分の進路を変更し、神奈川県のラグビー強豪高校IMG_0363に入学をしたのがきっかけ。

3年生の時 花園でベスト8、大学は関東学院、そしてNTTへと進んだラグビー漬けの人生です。

その後は 広島と大阪の転勤も重なり仕事漬け。

40歳で東京に戻り、その後は他ラグビースクールでコーチの研鑽をしてから、あきる野ラグビースクールの立ち上げに至ります。

土曜日は SAQトレーニング(スピード、アジリティ、クイックネス)子供達の基礎体力を向上させるトレーニングスクール「あきる野清水塾」。

日曜日は あきる野ラグビースクールをやっています。

最近騒がれているスポーツ競技団体の現状について 親方日の丸的な大きな協会は下の人は一生懸命だけれども、上の人が考えを変えなければ何も生まれないのではないかと語ります。

ラグビーの現場では コーチたちは意識が高いですよ。勉強をしている方が多い。

そして子供達の意識も高いと感じています。

高校時代の監督は、今考えても偉大な方で学ぶ事が多かったけれど「一方的ではありましたね」。

でも、今にはマッチしませんが、あの時代には合っていたのだと思います。

今、ラグビーの指導においては「キーファクター」を用いてコーチングしています。

練習の目的を選手に伝えてから練習に入るという方法で、これはラグビー界全体での一貫指導になっています。

とはいっても、そういう指導を実際に受けた事がない人が多く、昔受けた方法をそのままやっている人が多いのも事実。

やはり子供を教育する時は特に、目的を告げて練習する方法が良いと思います。

清水さんのラグビースクールは規模的に大きなチームでない分、一貫性のある指導、勝利至上主義ではない指導をしているそうです。

例えば 練習まえに選手(子供)と保護者を集め、「この練習では何が大切だと思う?」それを紙に書かせて、それじゃ そこを意識してやろう!

練習中にも 子供達にこの練習のポイントは? 言える子も言えない子もいるので「覚えておいてね」と伝えた上で、練習中に「この練習のポイントはなんだったっけ?」という質問を繰り返すことで目標を明確にし、主体性を育てているとの事でした。

子供を預かるクラブとしては 保護者との関係も欠かせない事で重要な要素だという事です。

清水さんは、保護者に対し、ラグビーの指導については「コーチに任せてほしい」「試合後、プレーについて怒らないでほしい」「頑張っていたね」と伝えてほしいと語ります。

コーチと親の指導の方向が違ってくると、間に入る子供たちがかわいそうだから。 

IMG_0361できれば年度内にNPO法人を立ち上げ 夢を実現していきたいと力強く話してくれました。

今後の夢はラグビー普及はもちろんですが、大人からから子供までが一緒にできるタグラグビー「タグヒロバ」も作っていきたいと考えています。 

また、ラグビーだけでなく 管理栄養士の研修や スポーツコミュニケーションの研修等を情報として発信できる団体になっていきたい。

NPO法人を立ち上げるということは、セカンドキャリアの構築でもあり、子供たちの未来を輝かせるためラグビー普及育成はもとより、様々なスポーツで人と人の心を繋げ、多様化するライフスタイル等に対応した地域スポーツの環境整備を図り、地域スポーツ振興と地域活性化の両面から取り組んでいき、生涯スポーツを推進していきたい。P1040759

もちろん日本スポーツコーチング協会も協力していこうと思っています。

最後に他の指導者に伝えたい事としては「パッション」情熱を持っていなければ 何も進まないと語ってくれました。

「パッション」、多くのスポーツ指導者から聞こえてくる言葉です。

清水さんのパッションは、会社(NTTコムソリューションズ)内の冊子でその活動が紹介され会社規模と同じ 各国から賛同、励ましの声が集まっているそうです。

今後、 パッションを持って 夢の実現をしていく、清水さんの活躍を期待しています。

インタビュー:詫摩浩一

スポーツ指導者インタビューマガジン  登録ご希望の方

申し込み→ https://17auto.biz/takumaoru/touroku/entryform3.htm

 

バックナンバー

1:佐々木寿明さん (千種ジュニアバレボールクラブ)https://sportscoaching529879601.wordpress.com/2018/08/15/「真似るは学ぶ」指導者インタビュー%E3%80%80no-1/

 

 

素晴らしい仕事をしていますね

先日のスポーツコミュニケーションBASIC 1研修での出来事です

この会場は初めて使うのですが、隣がダンススタジアムになっており(防音)、その隣の広い研修室を蛇腹で仕切る形の会場です。

ダンススタジアムには常に出入りがあるので 受付の方が座っています。

ダンススタジアムの音は防音になっているので、こちらには聞こえませんが、こちら研修の声は受付の方には聞こえているようでした。

今回も大勢の参加者が集まり とても活気ある研修会になりました。

2018-08-19 16.10.54 研修終了後 受付の方に挨拶をして帰ろうとすると

受付の方が声をかけてきました。

 

「皆さんは 素晴らしい仕事をしているのですね」

「今、一番大切な事です。こういう話は初めて聞きました」

 

不意な言葉に驚きと 同時に喜びが浮かんできました

 

「全く知らない方が こう感じてくれる研修ができている」

「今、コミュニケーションの知識は、多くの方が潜在的に求めている事なんだ」

「スポーツコミュニケーションは必ず 日本中に広がっていく」

 

そう感じた一瞬でした。

 

これからも 多くの方に影響していこう

みなさんご協力くださいね